美味しく食べるには

何より大事なのは美味しく食べること

食べ物が体を作る事はわかっていても、健康のために苦手な物や、あまり好きではない物を食べるのは少々つらいことです。
食べている間中、ストレスを感じてしまっていては、消化も悪くなってしまいます。
そのため、健康に気を遣う食事を考えながらも、最終的には自分が美味しいと感じて食べられる物を選ぶことが、もっとも大事なのではないかと思われます。
自分の大好きな美味しい物を食べていると、脳からはリラックスをもたらすホルモンが分泌されますので、癒されていると感じたり、幸せな気分に浸ることができます。
たいていの人が毎日3回は食事をしていると考えると、一日のうちに3度も幸せな時間が訪れることは、人生において重要な意味を持つと言えるでしょう。
ある程度健康に配慮しているのであれば、食事の内容が少しくらいジャンクなものであったり、出来合いの料理であったとしても、美味しい、幸せと感じて食事をすることの方が、よほど大事だと思えてきます。

返信する

© 2018 美味しく食べるには

テーマの著者 Anders Norén