2009/09/03
住民訴訟 法廷報告をアップしました。
2009/07/17 住民訴訟 法廷報告
2009/06/08
ニュース18号・19号をアップしました。
にこたまの環境を守る会NEWS No.18[PDF 2.2MB]
にこたまの環境を守る会NEWS No.19[PDF 7.41MB]
2009/05/09
二子玉川住民訴訟口頭弁論要旨をアップしました。
二子玉川住民訴訟口頭弁論要旨
2009/03/27
ニュース17号をアップしました。
にこたまの環境を守る会NEWS No.17[PDF 868KB]
ニュース16号をアップしました。
にこたまの環境を守る会NEWS No.16[PDF 2.13MB]
準備書面(1)をアップいたしました。
準備書面(2) 2009/03/13 [PDF 204KB]
2009/03/07
2009/03/07 多摩堤通り土手上での行動に参加しましょう!
日時:3月28日(土)午前10:00〜12:00
みなさんの思いをカタチにして持ち寄りましょう。
詳細は事務局に問い合わせてください。
TEL/FAX:03-3709-5835(飯岡)
裁判を傍聴しましょう!
4月14日(火)午後2:30から 822法廷 民亊訴訟審 坂巻幸雄氏証言!
4月24火(金)午後3:30から 522法廷 住民訴訟
場所:東京高等裁判所
「二子玉川再開発問題」の解決をめざすアピールを決めました。
にこたまの環境を守る会は2月28日、「二子玉川再開発問題」の解決をめざす集会を開き、次のアピールを決めました。
【東京都と世田谷区に要請】
このアピールの実現のために、3月3日、東京都に、3月5日世田谷区に申し入れました。併せて都議会全会派・区議会全会派に要請しました。
「二子玉川再開発問題の解決をめざすアピール」の続きを見る。
2009/02/25
 ニュース15号をアップしました。
にこたまの環境を守る会NEWS No.15[PDF 2.82MB]
証人採用を求める要請はがきへのご協力ありがとうございました。2月10日現在、928枚を届けました。坂巻証人の採用も、 皆さんの声が届いた結果です。今後も、働きかけを強めたいと思います。引き続き、NEWS No.15の中の要請はがきにご協力ください。 はがきはまとめて高裁に持ち込みますので原告や「環境を守る会」会員に手渡すか、下記事務局にお届けください。 または50円切手を貼って投函してください。※第一次集約:2月28日
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-9-19 TEL/FAX:03-3709-5835(飯岡)
2009/01/19
ニュース14号をアップしました。
にこたまの環境を守る会NEWS No.14[PDF 1.41MB]
今回のNEWSの中で「裁判所に対し、証人採用するよう要請するハガキに、是非是非ご協力ください」という内容の文章がございます。 ハガキをお送りできない場合は、このホームページからもご協力いただけます。

【要請ハガキの内容】
住民原告が申請する証人を全員採用し、慎重な真理を要請します!
二子玉川東地区市街地再開発事業は、私達が愛しそして守ってきた二子玉川の景観や生活環境を破壊します。 そればかりか交通車両の危険や大気汚染、人工地盤(カサ上げ)による洪水の危険性増大など複合的被害をもたらします。 住民原告は、この再開発事業に公共性が無く、私達に様々な被害を一方的に押し付けてくることを明らかにする為、 4人の専門家証人(都市工学、社会学等)の証言を聴いてもらうよう申請しました。この事業における<公共性の欠如、 地域周辺に降りかかる被害、環境破壊等々>を明らかにするには、証人調べが不可欠です。 ついては、貴裁判所はこれらの証人を採用し、十分な審理をおこなうよう強く要請いたします。

【ホームページから署名をお送りいただく方法】
お問い合わせページにて、 「郵便番号・住所・氏名・ご意見」をご入力の上、送信してください。
※お送りいただいた署名は、当事務所でまとめて高裁に持ち込みます。
2009/01/14
準備書面(1)をアップいたしました。
準備書面(1) 2008/12/10 [PDF 604KB]
2008/12
傍聴をお願いします!
2008年12月16日(火曜日)午前11時から、東京高裁822法廷。
「二子玉川再開発差止め」の控訴審は、いよいよ本格追及です!
2008/09/15
9月25日に東京高等裁判所へ「二子玉川控訴理由書」を提出いたしました。
二子玉川控訴理由書[PDF 402KB]
2008/09/15
にこたまの環境を守る会News no.13 [PDF 4.81MB]をアップしました。
2008/05/26
弁護団声明」と「原告団声明」をアップしました。
2008/05
「弁護団声明」と「原告団声明」をアップしました。
2008/05/12 弁護団声明
2008/05/26 原告団声明
2008/05
二子玉川東地区再開発差止め訴訟の
判決が5月12日(月)に下されます!

東急を主体とする再開発事業組合を相手どった「二子玉川再開発の差止めを求めて」民事裁判を起こして3年経ちましたが、 下記日程で判決が出ます。誰でも傍聴できます。 判決後、弁護士によるまとめの報告・説明会、そして記者会見を行います。
 
■判決
5月12日(月) 午後1時10分から、
東京地方裁判所 611法廷

 
■報告・説明
当日の午後2時から第二東京弁護士会1002号室
 
■記者会見
1回目:当日の午後3時から、第二東京弁護士会1002号室にて
2回目:当日の午後4時から東京地裁記者クラブにて
 
■交通
地下鉄霞ヶ関下車、A1出口から出ると目の前が東京地裁
 
 
なお、4月24日、世田谷区を相手どった「公金投入の差止め」の住民訴訟の法廷が行われ、弁護士が行政としての違法性を証拠として提出し、1時間にわたって論戦を繰り広げ、住民訴訟も山場を迎えています。 次回法廷は、6月12日(木)午前11時30分、606法廷です。
 
にこたまの環境を守る会
連絡先:03-3709-5835 飯岡
2008/05
二子玉川再開発の差止めを求めて提訴した民事裁判、
いよいよ5月12日判決。

その判決を前に行われる住民訴訟の法廷の傍聴を呼びかけます。
 
4月24日(木)午前11時から
東京地裁606号法廷

 
この法廷に提出する準備書面は、私たちの訴えの正当性を改めて明らかにしたものです。 住民訴訟は、「一企業の利益追求のために税金を使うのはやめてほしい!」の思いから始まっています。 でも、裁判ですから、やめてほしい!というだけでは、裁判官は審議してくれません。
そこで、「先行行為」と言いますが、税金を支出するその元となる再開発の中身について、ひとつひとつ、「世田谷区の基本構想・基本計画にこれこれが違反している」とか、 「区長と東急社長が区議会にも諮らずに協定を結び、さまざまなことを進めたのは、地方自治法・都市計画法・都市再開発法に違反している」などと、具体的に、調べて追及しています。 その、膨大な準備書面を提出して、違法性を追及する法廷です。
今、国民は、年金問題や道路特定財源のことなど、税金の使われ方に、強い関心を持っています。そんな中で、再開発に税金を1年で80億円も使ってよいのかと、私たちは訴えています。 是非、多くの皆さんの傍聴をお願いします。
当日、10時30分から50分ごろまで、東京地裁入り口のロビーで、私たちのロゴマークを付けた者がお待ちしています。    原告団長 飯岡 三和子
なお、5月12日の民事法廷のことは、後日、細かくお知らせします。
2008/01
1月28日(月曜日)に行われる最終弁論を傍聴してください!
二子玉川東地区再開発事業差止め訴訟は大詰めです。 私たちは2年前に、やむにやまれぬ思いで、東京地裁にこの再開発の差し止めを求めて提訴しました。 2年間16回の進行協議を重ね、2007年11月6日と19日に、証人尋問と原告本人尋問が行われました。 原告側からは、専門家により、環境影響評価の圧迫感の被害と、大気汚染の被害の結論に誤りがあることを科学的に解明しました。原告本人たちも、それぞれの被害が到底受忍しえないことを立証しました。 被告側からは、昭和57年から25年間、民間と世田谷区の両方から委託を受け、この事業を進めてきたコンサルタントが証言しましたが、東急の利益に合致するように、行政の理念や都市計画をねじ曲げ、周辺住民の権利を犠牲にして、多額の税金を使って、まちを私物化して利潤を追求しようとしてきた経過が明らかになり、原告は怒りを新たにしました。
1月28日は、最終弁論です。主任弁護士が、最終準備書面を元に、弁論を行います。 どなたでも傍聴できますので、ぜひ、傍聴してください。
日時:2008年1月28日(月曜日)午前10時
場所:東京地裁 611法廷
交通:地下鉄 霞ヶ関下車。>詳しくはこちら
611法廷の前で、「守る会」の担当者がご案内します。
この件でのお問い合わせは、「にこたまの環境を守る会」事務局
03-3709-5835 飯岡まで
2007/10/27
にこたまの環境を守る会News no.12 [PDF 1.00MB]をアップしました。
2007/08/29
にこたまの環境を守る会News no.11 [PDF 4.17MB]をアップしました。
2007/05/30
住民訴訟をおこしました。
多額の税金を違法な再開発に投入することを差し止めるよう住民監査請求を経て、2007年5月30日に住民訴訟をおこしました。原告133名を代表して4名の原告と弁護士が意見陳述を行いました。
2007/05/30 意見陳述 原告訴訟代理人 渕脇みどり弁護士
2007/05/30 意見陳述 志村徹麿
2007/05/25 意見陳述 保坂芳男
2007/04/15
にこたまの環境を守る会News no.10 [PDF 490KB]をアップしました。
2007/01/28
にこたまの環境を守る会News no.8 [PDF 2.51MB]をアップしました。
2007/01/28
二子玉川の再開発事業組合と世田谷区・東京都は、次のような日程で急テンポで事業を進めようとしています。
  • 「権利変換計画」を決めるための総会を2006年12月26日に開き、多数決で決定し、組合は翌27日、世田谷区へ報告した。
  • 世田谷区は、形式審査をして、2007年1月5日、東京都へ送った。現在、東京都が審査中。
これらに対し、「守る会」は次の行動をしました。
2007年1月12日 都に申し入れ
東京都宛の申し入れ【ふたたび世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件】を提出して、担当の民間開発課と話し合いました。 2006年12月15日の民間開発課との話し合いを受けて2006年12月27日に提出した申し入れ【世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件】とあわせ、 認可・監督官庁である都としての監督責任を果たし、再開発計画の問題点を是正するよう求めました。 この話し合いで、「問題を解決しないまま、権利者の声を無視した権利変換計画を認可しないよう」都・民間開発課に再度要請しました。都市計画決定など過去の経過に関して現担当者の「すでに認可済みである」との回答に対し、 重要なポイントは遡って確認するよう求めました。民間開発課長は、平成12年の都市計画審議会の経過などを必ず読むと約束しました。 また、都議会議員に、申し入れの内容を伝え、都行政当局を具体的にチェックし、再開発計画の問題点を是正できるようにすることを要請しました。【世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現状について
2007年1月22日 区に申し入れ
世田谷区長宛の申し入れ【二子玉川東地区再開発事業を一旦中止し、計画の見直しを求める申入れ書】を提出しました。あわせて2006年12月27日につづき、全世田谷区議会議員宛に要請しました。【二子玉川東地区再開発について】と【二子玉川東地区再開発についての要請書
2007/01/18
にこたまの環境を守る会News no.7 [PDF 7.48MB]をアップしました。
2006/11/24
監査請求を提出しました。
2006年12月11日に世田谷区監査事務局に監査請求を提出しました。12月25日に、請求人と弁護士が、意見陳述をしました。
2006/11/24
懇談会
再開発区域に土地・家屋をもっている方々と共に、区民連(生活ネット・民主・社民)、共産、無党派市民の区会議員の方々と会い、協力を訴えました。(3回目の懇談です)
2006/11/24
署名3000筆突破
10月6日に世田谷区長に提出した第一次分(2419筆)を含め、署名の総数が3000筆を越えました。ご協力ありがとうございます。
2006/11/08
権利変換に関する要請
東京都民間開発課に赴き、再開発組合が総会(11月9日)で決める「権利変換」計画に問題がないかをしっかり監督するよう要請しました。
2006/10/06
署名を提出いたしました(第一次分)
2006年10月6日に第一次分(2419筆)を世田谷区長に提出いたしました。ご協力ありがとうございます。引き続き、集まっているものは追って提出いたします。(第二次分は年内提出の予定です)
2006/09
引き続き署名にご協力ください。
署名用紙[PDF 2.17MB]をプリントして「氏名」「住所」を記入のうえ郵送またはお届け下さるようお願いいたします。
【郵送先】
〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-9-19 飯岡方 にこたまの環境を守る会
【お届け先】
上記飯岡宅または玉川税務署裏 カフェさくら
※署名は今年(2006年)の秋ごろを目処に提出の予定です。
2006/04
二子玉川再開発により、切られていく桜…
photo by shunkoh
桜の木が切られ入り口はフェンスで閉じられました。
3月31日に、まだ花が咲き乱れる桜の木が無残にも切り倒されたところを撮影された方がいらっしゃり、その方から写真を提供していただきました。
今日、入り口のフェンスの前でしょんぼりしている親子連れがいました。声をかけてみると、犬と遊ぶのを楽しみに1時間かけて来たとのこと。この場所は、このように花や緑や動物とのふれあいを求めて多くの人が集っていたのです。(4月23日 飯岡記)
2006/08/13
にこたまの環境を守る会News no.5 [PDF 2.6MB]をアップしました。
2006/06/04
「にこたまに高いビルはいらない」ゴム風船を配りました。
2006/04/24
にこたまの環境を守る会News no.4 [PDF 2.14MB]をアップしました。
2006/03/12
署名を提出いたしました。
2006/03/11
2006年3月10日 東京地裁 裁判官を迎えることができました。
2006/03/05
2006/03/10 午後 裁判所の現地調査があります。
2006/02/05
にこたまの環境を守る会News no.3 [PDF 966KB]をアップしました。
2005/12/18
にこたまの環境を守る会News no.2 [PDF 654KB]をアップしました。
2005/11/23
第2回口頭弁論が2006年1月16(月)午前11:00から東京地裁611号法廷にて行われます。傍聴はどなたでも可能です。
2005/11/21
第1回口頭弁論が東京地裁で行われ、原告2名と弁護士が意見陳述をしました。
淵脇みどり弁護士の意見陳述書を見る
飯岡三和子(原告)の意見陳述書を見る
野崎宏(原告)の意見陳述書を見る
2005/10/17
東京地方裁判所に訴状を提出いたしました。
訴状を見る [PDF版 192KB]訴状を見る [HTML版 162KB]
2005/10/16
にこたまの環境を守る会News no.1 [PDF 533KB]をアップしました。
2005/07/24
二子玉川東地区再開発を考える会のホームページがオープンしました。

このページのトップへ戻る