要請書関連 » 2007/01/12 要請書「世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現状について」

東京都議会議員各位
世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現状について

2007年1月12日

議員各位には、都民のための都政にたいするご尽力に感謝申し上げます。 本日は、「都内最大の民間再開発」(都民間開発課)とされる二子玉川東地区再開発の現況についてお知らせし、善処していただきたく、お願いする次第です。

  1. 同封しました資料1にありますように、再開発組合の予定によれば本年3月には、区域内在住の人たちの移転と解体工事が始まることになっており、事態は大変緊迫しています。権利変換計画の認可申請が異常というべき不当、不法なやり方で東京都に提出された(1月5日)この段階にいたって、本件再開発計画に徒に長年累積されてきたさまざまな問題点が、一挙に集中的に表れてまいりました。 本件再開発には、多額の公金が投入される挙句に、多大な各種被害を蒙る私たち周辺住民として、権利変換の認可申請が「適法な事由と条件を満たしていない」ことを看過できず、7項目にまとめて東京都に提示し(資料2をご覧下さい)、本件の認可・監督庁である東京都が、再開発組合に対する厳正な対処によってその責任を果たすよう要請しています。 事態が緊急を要するため、本日は、東京都にたいして、重ねて要請をいたしてまいりました(資料3をご覧下さい)。
  2. 私たちはかねてより、東京地裁に再開発組合を相手取り、本件再開発事業の差し止めを求めて訴訟を起こし(2005年10月)、現在その審理が進められています。また、世田谷区には、本件再開発事業にたいする「違法、不当な公金支出の払い戻しと差し止め」を求めて住民監査請求を申し立てました(2006年12月11日、資料4をご覧下さい)。当月25日には陳述もおこなわれました。

議員各位におかれましては、こうした私たちの思いをくみとられ、東京都行政当局による本件認可申請の審査を都民の代表として具体的にチェックしていただき、再開発計画の問題点を是正できるよう、心からお願い申し上げます。

資料1
「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」と事業スケジュール(案)
資料2
東京都知事・石原慎太郎様
東京都都市整備局・民間開発課、担当・関係各部局御中
世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件
資料3
同じく
ふたたび世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件
資料4
「世田谷区職員措置請求(住民監査請求書)」

「にこたまの環境を守る会」
会長・野崎 宏

このページのトップへ戻る